トップページ

ようこそ、紀南調骨(HSTi)総合センターの
ホームページへ

このたび、4月1日付けで、新しく串本駅前に店を出しました。細かい場所はアクセスページに地図として出しています。今後も紀南HSTi総合センターをよろしくお願いいたします。

施設写真

中古なのでレトロな建物です。

立看追加しました。

施設写真

 

串本駅側から

施設写真

 

施設写真

串本駅です。遠景

施設写真

串本駅です。近景

施設写真

串本駅 出て左側

 

施設写真

お土産のマツダの方から串本駅を見る。

施設写真

お土産のマツダの横が紀南HSTi総合センターです。

世の中には「これを食べれば健康になる」とか「この運動をすれば病気にかからない」とか「ここをマッサージすると身体によい」とか栄養学や運動学的なもので健康や美容を語っているものが多いように思います。

しかしながら、いくら食物や運動に気を付けても、薬を飲んだり、手術しても、あるいは瞑想や精神世界に健康を求めても、身体の歪みをとらないことには、基本的に健康を維持し、回復するのは無理があり、症状が再発することになると私は思っています。そこで、みなさんはこう考えるのではないでしょうか?「身体が歪むって何?」「そもそも身体ってどうやって歪むの? 身体の歪みなんて直せるの?」                

その疑問に答える技術こそがHSTiなのです。HSTiこそが、身体の歪みを取り、健康な状態を維持する究極の手法なのです。  

紀南HSTi総合センタ―では専門のスタッフがお客さまの体調に合わせ、施術方針を検討させていただいております。他の施術方法で、なかなか効果の出ない方も、是非、諦めずに、このHSTiという最新の施術法を試してみてください。きっと、びっくりするような効果が現れると思います。

HSTI骨格調整  本部 http://www.hstp.org/                           

私がお世話になっている先生の施術所です            HSTIヘルスケア http://okeihan-hsti.xsrv.jp/        一緒に勉強している姉弟子の施術所です。           アイワ HSTI骨格調整 http://aiwa.ciao.jp/index.html

ブログより

科学:整体の勝ち 外科の負け

さんまのホンマでっか!?TV でもご活躍されている武田邦彦先生がインターネットで「科学:整体の勝ち 外科の負け」というテーマでご自身の体験を報告されています。

リンク先です↓

https://www.youtube.com/watch?v=SA-aydIuLhY

内容を簡単にかいつまんで書きますと、武田先生は生来、身体が弱く、特に30を越える頃から腰痛が酷くなり、歩いたり、車の運転もつらくなり、朝、洗面台に立って顔が洗えなかったり、ゴルフをキャンセルすることも多くなり、ゴルフを辞めてしまったとのこと。それで兄弟や子供さんが医者をやっている関係から40~50代にかけて大学病院で何度も精密に検査してもらい、合計20回くらいレントゲン撮影もし、結果、腰痛の原因は筋肉の疲れといわれ、湿布、コルセット、ロキソニン(痛み止めの薬)と軽い運動を勧められ、実行したものの根本的には治らなかったそうです。そんな時、TVのスタジオに行けないほど腰痛が悪化、知り合いに整体に連れて行ってもらったら、ちょっとした診察で腰痛の原因は骨盤が捻じれていることによるもので筋肉は関係ないと言われて、施術されたら、あれだけ悩まされた腰痛がすっかり消え、普通に生活が送れるようになったーーあれだけ医者で調べられたのは何だったのか全く腑に落ちない 

まあ、おおまかにいって、そんな内容です。

しかし、ある意味、武田先生の經驗は当然だともいえます。というのも、医学はそもそも癌とか脳梗塞などのような生死にかかわる病気に人や金などのリソースを集中していますので、そういった病気の研究は進んでいますが、その分、直接、生死に関係のない身体各部の痛み・凝り・鈍痛などの”些細な症状”に関しての研究はお粗末になっているのが実情なのです。

そのため医学でカヴァーできないそういった様々な症状を整体など民間の施術法が補う形で研究、発展してきた歴史があるのです。ただ、癌や腫瘍、石灰の塊などが身体の中にできて、それが神経を圧迫することによって生じる痛みや痺れなどは外科的手段でなければ取り除くことができないというケースもありますので、そこはきちんと区別して考えていただく必要があります。

HSTi骨格調整はカイロプラクティックの欠点を克服し、更に効果が出るように改良した最新の施術法です。ある意味、究極の整体といえるほど効果が高い施術法ですので、医者に行ってもなかなか具合がよくならないという悩みを抱えている方に、是非、お勧めしたい施術法です。物は試し、お悩みの方はどうぞ、お気軽にご来店ください。 なお、”科学:整体の勝ち 外科の負け"は武田先生ご本人の許可を得てリンクしております。

TV番組 NHK 人体の神秘で骨を見る を観て

少し前のTV番組 NHK 人体の神秘で骨を見る を観て、つれづれと思いました。骨というのは大事だなぁ と。

そしてHSTiの必要性もしみじみと実感。

番組によると、高齢者が骨折すれば、骨折から認知症 腎不全と老化現象が一気に進み1年以内に4~5人に一人が死亡するそうです。骨折は寝たきりの原因にもなります。おそらく、骨折まで至らなくても、骨の歪みもまた、老化を進める原因になっているように思います。なぜなら、骨の中の細胞が人体の若さを生み出し、保つ特別な物質を脳・筋肉・臓器に届けており、骨折や歪みにより骨が不調になると、それらの物質が十分に分泌できなくなり、結果的に老化を進めることになるからです。

つまり、逆にいえば、骨を元気な状態に保てれば、若さも保てるのです。 骨が分泌する”若さを保つ”物質とはオステオカルシンとオステオポンチンです。オステオカルシンは脳に行くと、記憶力がアップし、筋肉に行くとエネルギー効率を高め、生殖器に行くとテストステロン(男性ホルモン)を増やす効果があります。逆に分泌量が減り、脳に十分に送り届けられないと海馬が縮小し認知症になります。生殖器に届く量が足りないと精子が半分に減ります。つまりオステオカルシンは記憶力アップ、筋力アップ、精力アップという効果があるのです。 

オステオポンチンは免疫細胞を増やし、免疫力をアップする効果があります。免疫力がアップすると肺炎や癌にかかりにくくなり、健康寿命が延びます。 骨は3~5年で全部入れ替わります。骨を入れ替えないと疲労骨折になるからですが破骨細胞が骨を壊し骨芽細胞が骨を作ります。そして同時に骨芽細胞がオステオカルシンやオステオポンチンを出しています。いわゆる骨のメンテナンス(破壊と修復)が順調であることが、骨芽細胞を健康に維持し、オステオカルシンやオステオポンチンの分泌を促し、若さを維持しているのです。 若さを維持し、老化を押しとどめるためには骨の歪みを修正し、常に正常な状態に保つ必要があるのですが、その技術こそがHSTiなのです。

是非、みなさまも一度、HSTiを体験してみてください。自信をもってお勧めいたします。

開業以来、数多くのお客様に御来訪いただき、続々と嬉しい報告が寄せられていますっ!!

串本町田原 W.Kさん(77歳 女性)

腰と足が悪く、自転車に乗れなくなりそうだったのが、おかげで曲がっていた腰がまっすぐになり、自転車に乗れるようになっただけでなく、歩くのも楽になり、海老網の藻を取るのも座らず、立ったまましても苦しくなくなりました。

那智勝浦町浦神 S.Kさん(80歳 女性)

老齢で一人で風呂に入るのが難しくなっていました。医者も息子も健康のために「歩け」「歩け」というのですが、膝が悪くて歩くのもおぼつかない状態が続いていました。ところが、ここを紹介されて施術を続けたところ、おかげさまで一人で風呂に入るのも歩くのも楽になり、日々、カラオケを楽しんでいます。

本町佐部 H.Sさん(59歳 女性)

グランドゴルフで腰を悪くしてしまい、整体へ行ったら、更に具合が悪くなり、カイロである程度はよくなったのですが、まだ具合の悪い状態が続いていました。そんな時、ここを紹介されて、1回の施術で腰の具合がよくなり、またグランドゴルフを楽しめるようになりました。

串本町田原 H.Kさん(72歳 女性)

腰が曲がり、極端なO脚で膝も痛く、毎朝の犬の散歩や海老網の藻を取るのが大変、苦痛になっておりました。おかげで、足のO脚もかなりなおり、犬の散歩も大分、楽になりました。

串本町和深 H.Sさん(80歳 男性)

腰痛で他の整体に通っていたのですが、痛みが引いても2.3日で戻ってしまっていました。ところが、ここで1回施術していただいたら、1年間、腰痛が再発せず、すっかり治ったと勘違いしていました。再発して2回目の施術をしていただいたので、また1年後に再発すれば、お願いしたいと思っています。


その他にも数多くの御客様から喜びの報告をいただいております。

この療法による御客様への効果、その他思いついたことなどがあれば、時間の許す限り随時、ブログで公開していこうと思っております。